夢ねこ★不思議缶

夢ねこ★ 空想・妄想の缶詰は。。。いかが?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

【数字】



【数字】




【数字】


ある日 気づいたら

数字のお化けが

姿・形を変えて

ボクの周りに いくつもの殻をつくっていた



だから ボクは

すたこらさっさと

逃げ出した



ここは 数字の無い世界


おおいとか

すくないとか

もっているとか

もっていないとか


そんなこと

関係の無い世界



ボクは この世界で

おおくも 無く

すくなくも 無く

もつことも 無く

もたないことも 無く


ただ

ぷかぷかと

漂っている


殻をひとつ 脱ぐごとに

ぷっか ぷか

軽くなる 

かるくなる


殻をひとつ 脱ぐごとに

ぷっか ぷか

自分になる 

じぶんになる




ぷっか ぷっか

ぷっか ぷか。。。漂って





もし

何処かで

あなたの 目に留まったら






にっこり

微笑んでくれるかな?^^




スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:10 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

【みれん】



【みれん】




【みれん】



ある日 心がひとつ死にました


お弔いには

想い出が

色とりどりの

花束を 添えました



亡くした心は

海に そぉっと そぉっと

葬りました



青い 青い 海の底

心は

ぷくぷく ぷくぷく

みれんという

泡をだして

静かに しずかに

沈んでいきました



凪いだ 青い水面(みなも)に

ぽかり ぽかり

みれんが 

浮かんで 

はじけて

ふぅわり ふわり

天に昇っていきました



空は 

紅く燃ゆる 茜色

みれんは 

空の茜に 溶けました




ある街の 

ある窓辺で

ある人が


『まるで。。。泣いているような夕焼けだな』


ぽつりと つぶやいて

涙をひとつ こぼしました



【みれん】




別窓 | 未分類 | コメント:12 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 夢ねこ★不思議缶 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。